【たたみ方も簡単】DODワンタッチテントを徹底レビュー【メリットとデメリット】

北海道アウトドア

こんにちは、
認定ブッシュクラフターのボクです

今回は、
気になっていながらも
邪道では…?なんて思っていたDODのワンタッチテントが
とんでもなく便利だったのでご紹介します


この記事を読んでいただければ、

これからキャンプを始めようという人にも、
ボクのように、ワンタッチは邪道と思っている人にも
革命が起こること間違いなし


ぜひ、読んでみてください

ワンタッチテントは「面倒」を取り除いた超合理的なテント

出典:DOD

今回紹介するDODワンタッチテントのワンタッチテントは、
その名の通り、ワンタッチで設営できちゃう夢のようなテントです


簡単に設営できるにも関わらず、
広さも大人2人が十分に寝ることが可能なスタンダードなサイズです

出典:DOD

重さも3kgと、車でキャンプする人には十分すぎるくらい軽量で
なんと言ってもAmazonで購入すると1万円を切るという激安テントなんです

それでは、ここからこのワンタッチテントについて
詳しくレビューしていきます

設営方法

軽量でコンパクトなワンタッチテントを設営していきます

袋を開けると、
テント本体が出てきます

巻かれたテント本体には、
しまう際に便利なコンプレッションベルトが付いているので
これを外します

ベルトを外して広げると、
画像のように骨組みがあらわれます

四隅のたたまれた骨(グレーの布の部分)を開いていきます

全て開くと、長方形の形状がわかるようになります

次に、骨組みの頂点から出ている2本の紐を両手で持ちます

この、2本の紐を両手で広げるように引っ張ると…

「ガチッ」という音とともに
骨組みが固定され、あっという間にテントが完成です

モザイクをかけてはいるものの嬉しい表情が見て取れちゃいますよね笑
本当にワンタッチ!超簡単です!

ここからは仕上げです、
テントの上部は、空気が抜けるようにメッシュ素材になっているので
雨を防ぐためのトップシートを固定します

トップシートからでているフックを、
テント上部のポールに固定していきます

4箇所固定すればOKです
取り付けたフックはテントの短い辺の方に倒すと、トップシートがきれいに張れます

トップシートとテント上部のメッシュ素材の間には空間があるので
テント内には常に新鮮な空気が入ってきます

続いて、
テントが飛んでいかないようにペグで固定していきます

ちなみに、ペグは付属品として最初から8本入っています

ずっと中にいたり、
風が弱い日や、重たい荷物があるようであれば
ペグすら打つ必要がありません


これもこのテントのメリットですね

ペグは、ポールと90度になるように打ち込んでいきましょう

四隅にペグを打ち込めば完成です

風が強い日など、不安であれば
付属のコードを使ってさらに4箇所ペグダウンすることができます

本当にあっという間に設営できました

この緑のトップスを着たボクの先輩(キャンプ初)は、
今回が初めての設営でしたが、
実に5分程度で作業を終えることができました

使用感レビュー

さて、設営が完了したワンタッチテントですが
さっそく細かい部分のレビューをしていきます

広々とした居住空間

これだけ簡単に張ることができたテントですが、
その内部は非常に広々としています

身長180cmを超える先輩も、大の字で余裕を持って寝転ぶことができます

ちなみに、この先輩の目線から写真を取ると…

天井も広々で圧迫感もありません

座って作業してみるとこんな感じです…

これなら、
大人二人で寝泊まりすることも余裕です

通気性抜群で真夏でも快適

天井のトップシート部分もそうですが、
入り口とその反対にもメッシュにすることができます
※もちろん、締め切ることも可能です

真夏は、メッシュで風が抜けるかどうかで
快適さが雲泥の差になるので、この仕様は最高です

雨対策も万全

これだけメッシュがあると、
雨が降ったときに雨漏りしないか心配になりますよね?

でも、大丈夫です!
メッシュは締め切ることができますし
雨が入ってきそうな部分は生地で補強されています


まず、入り口の上の部分は、
車の窓の部分のように、ひさしがあります

また、入り口部分の
決めきった際にジップの持ち手が集まる部分にも
内側に補強用の生地があるので、雨水の侵入を防いでくれます

実際、この日の夜には強めの雨が降ったのですが
翌日の朝まで雨水の侵入はありませんでした

ちなみに専用のグランドシートも販売されているので
こちらも合わせて使うと雨対策は万全です

細部に行き届いた便利なギミック

テント内部には、
ユーザーの気持ちがよく分かっている細かいギミックがあります

例えば、枕元には小さなメッシュポケットがあるので
モバイルバッテリーやスマホなどを入れておけば探す手間がなくなりますね

また、天井には小さなフックがあるので
ゴールゼロをはじめとしたランタンをぶら下げることもできます

撤収方法

さて、キャンプを楽しんだあとにまっているのが
面倒な撤収作業です

しかし、このワンタッチテントは撤収も非常にスムーズです

まずは、すべてのペグを抜き、
最初に引っ張ったひもが出ている部分を上下に離します

このとき、
下側のパーツにくっつている骨組みを下に押すことで簡単にたためます


続いて、骨組みの関節部分を引っ張り内側に折りたたみます

写真の状態にしたら、
中央から長い辺の向きに折りたたみます

さらに、折りたたんだ部分を持って
紙飛行機をおるときのようにポールの頂点部に折りたたみます

これをポールに沿って半分に折りたたんだら、
ポールを軸に巻いていきます

このとき、空気を抜きながらギュッと巻くと
その後しまいやすくなります

最後にコンプレッションベルトで締め上げれば完成です

このまま収納袋にしまいましょう

ワンタチッテントのメリットとデメリット

使用感レビューが終わったところで、
改めてメリットとデメリットについてまとめてみました

メリット
  • 無駄をそぎ落とした究極のシンプルテント
  • 居住空間が広い
  • 通気性が良く、真夏の使用も可能
  • 雨対策も万全
  • とにかく安い
デメリット
  • 前室がないので靴や荷物が風雨にさらされる
  • 窓をメッシュにすると雨が入ってしまう

このデメリットが受け入れられない方は、
もう1ランク上の「ライダーズワンタッチテント」を試してみてください

ライダーズワンタチッテントの記事は以下からご覧ください

以上、
夢のワンタッチテントのレビューでした


これからキャンプをはじめたい人も
友達に貸すためのテントを検討中の人にもおすすめです!

もし、「もっと個性を出したいんだ!」
という方がいらっしゃったらPOLeRのテントがおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました