サウナハットは不要!銭湯タオルの巻き方おすすめ3選【MOKU推奨】

サウナ

こんにちは、
サウナ・スパ健康アドバイザーのユーです

今回は、みんな大好きMOKUを
サウナハットの代わりに

頭に巻く方法についてご紹介します

※もちろん一般的なタオルでも大丈夫です

どれも簡単な巻き方なので、
ぜひマネしてみてください


MOKUについて知らない、という方は
まず、以下の記事をご覧ください

サウナハットの効果

サウナハットとは、
本場フィンランドでサウナに入る際にかぶる帽子のことで

一般的に、フェルトで作られており
頭皮や髪を熱から守るという効果が期待できます

最近では、サウナにおけるファッションとしても人気で
猫耳が付いたものや、タオル生地で作られたものもあります

今回は、
このサウナハットをタオルで代用する方法を紹介します

サウナハット巻き

まずは、ズバリ
サウナハット巻き、です

この巻き方は、サウナハットのように
頭にスポッとかぶって使うことができる方法です


MOKUタオルを折り紙のように折って
帽子の形状を作っていきます

  • タオルを細く二つ折りにする
  • 中心に向けて三角に折る
  • 裏返して先端2箇所をポケットに入れる
  • 残った三角の部分をポケットに入れる

タオルを細く二つ折りにする

まずは、タオルを2つに折ります

中心に向けて三角に折る

続いて、写真のように
中心に向けて三角におります

裏返して先端2箇所をポケットに入れる

裏返します

タオルの両端を
写真のようにポケット部分に入れていきます

残った三角の部分をポケットに入れる

下側に残った三角の部分を
同様にポケットに入れて完成です

写真の部分を頭にかぶります

まとめのGIF

一連の流れをGIFにしました

ひつじ巻き

続いては、
サウナー女子にぜひおすすめしたい巻き方です


その名も、ひつじ巻き

ぐるぐるのツノが特長の
かわいい巻き方です

MOKUで作ると
ぐるぐるが大きくなってかわいいです

  • 細い方向に三つ折りにする
  • タオルの両端を、袖をまくるように7回程度折る
  • 真ん中を開いてかぶる

細い方向に三つ折りにする

まずは、三つ折りにします

タオルの両端を、袖をまくるように7回程度折る

タオルの両端を
長袖をまくる要領でくるくると巻きます

頭の大きさにもよりますが、
大体6〜7回程度巻くとちょうどよいです

同様に反対側も巻いていきます

真ん中を開いてかぶる

両側を巻いたら、
あとは真ん中をパカッと開いてかぶるだけです

まとめのGIF

一連の流れをGIFでにしてみました

忍者巻き

最後は、忍者巻きです

この巻き方は、
コロナ禍になってから流行った巻き方で

口元もガードできるので人気です

  • 中心をずらしてタオルを頭にのせる
  • 長い方の後頭部側を折り返し、反対側の耳にかける
  • 短い方も同様に折り、目元に差し込む

中心をずらしてタオルを頭にのせる

まずは、タオルを頭にのせますが

このとき、
ちょうど中心ではなく
少しずらしてのせましょう

片側が長く、もう片側が短くなっています

長い方の後頭部側を折り返し、反対側の耳にかける

たれているタオルの長い方を、
後頭部側から折り返します

折り返したタオルの先端を、
反対側の耳にかけます

短い方も同様に折り、目元に差し込む

耳にかけたタオルを押さえるように、
短い側のタオルも後頭部側から折り返します

目元のタオルを押さえるように反対側まで引っ張り、
タオルの先端を目元に差し込んだら完成です

まとめのGIF

一連の流れをGIFにしました

忍者巻きは、
目元をどれだけ出すかを調節できるので
好みに応じて使い分けてみてください

まとめ

今回は3種類の巻き方をご紹介しましたが
主な使い分けは以下のとおりです

3種類の使い分け

サウナハット巻き:オーソドックスな巻き方、シンプルに使いたい方向き
ひつじ巻き:サウナー女子におすすめな可愛い巻き方、オシャレさん向き
忍者巻き:口元まで覆える巻き方、コロナが気になる方向き

これらの巻き方を習得しておけば、
サウナの持ち物をグッと減らすこともできるので
ぜひ、この機会に覚えておきたいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました