【MEDIK】薪ストーブのファンは吊り下げ式がおすすめ【熱源ファンは効果なし?】

北海道アウトドア

こんにちは、
認定ブッシュクラフターのボクです

ボクは、冬キャンプを月2回ほどしています

北海道で冬キャンプですから
テントの外は−10度以下なんてことも…

想像上の母
想像上の母

なんでそんな寒いところでキャンプを…!?

ボク
ボク

悪いね、今回のテーマはそこじゃないんだ!

そんな寒さの中、暖を取る方法は
薪ストーブがメインになります
※石油ストーブでは暖まりきらないです

そんな薪ストーブですが
そのまま使うよりも、ファンを使って空気を循環させる方が

テント内は格段に暖かくなります

今回はそんなファンについてお話できればと思います

熱源ファンは見た目と裏腹にあまり暖まらない

※ストーブの下に焚き火シートを引いています

写真で薪ストーブの上に乗っているのが
熱をエネルギーに変換して回転しているファンです

これらのストーブファンは
ストーブに接地している部分の熱を変換してプロペラを回しています

ファンの前にいると
ストーブの熱を風に乗せて届けてくれるので暖かくなります


ここで、その後の暖かい空気の流れを考えみましょう

暖かい空気は上にのぼるので
正面にいる人に当たった暖かい空気は、そのままテントの上方向に上がっていってしまいます

つまり、正面にいる人は暖かいものの、
テント全体が暖まることにはならないのです


この暖かい空気をどう扱うかでテントの暖かさも変わってきそうですね


さらに、このプロペラは熱を電気に変換して回っているため
ある程度の熱(暖かさ)はこのプロペラを回すために使われてしまっているのです
この面から見ても、
このタイプのストーブファンは効率的であるとは言えなさそうです

ストーブファンの見た目と機能の面白さに気を取られ
こんな簡単なことに気がつけなかった過去の自分が恨めしい…

熱源ファンの特徴

・熱を動力としているので充電などの必要がない
・ストーブ前方の人は暖かいが、テント全体が暖まりにくい
・プロペラを回すために熱が使われてしまう

吊り下げファンで暖気を効率的に循環させる

では、薪ストーブを使ってテント全体を暖かくしたいとき
テントの上部に抜けていってしまう暖かい空気を、
どのように扱えば良いのでしょうか

答えは簡単で、この暖かい空気を
テントの上から下に向けて循環させてあげればいいのです

そうすることで
薪ストーブの熱を無駄なくテント全体に行き渡らせることができます

モーニンググローリーTCの上部につけたファンで空気を循環させる

MEDIKの吊り下げ扇風機はかゆいところに手が届くファン

そこで吊り下げ式で良いファンがないかAmazonを巡回していたところ
面白い商品を見つけました

それが、この
MEDIK 充電式吊り下げ扇風機 です
パッケージに映るファンの色合いが気に入りました

吊り下げ扇風機の内容物

プロペラパーツが着脱可能で
385gとバッテリーの割に軽量なので
持ち運びの際コンパクトになるのが嬉しいですね

開封すると以下のようなものが入っていました

内容物

・本体(吊り下げ部分)
・プロペラ
・カラビナ
・リモコン
・リモコン用の電池(CR2032)
・充電ケーブル

付属のリモコンで遠隔操作が可能

特に嬉しいのがリモコンです

テントの上に吊るすので
起動・停止のたびに本体に触る必要があるのであればかなり面倒です

ボクが愛用しているのはサバティカルのモーニンググローリーTCなので
その高さは2mを超えます

こんなときにリモコンひとつで操作ができるのはとても嬉しいことですよね

また、電源のON/OFFだけではなく
風力の調整やオフタイマーもあるのがすばらしいですね

出典:Amazon商品ページ

風量の切り替えが可能

リモコンでも変更することができますが
風量は「弱」「中」「強」「ゆらぎ」に設定することができます

説明書によると弱で連続25時間の仕様が可能です

ただ、薪ストーブで暖を取るという目的に関しては「弱」で十分でした

出典:Amazon商品ページ

充電環境は最新のtype-c

さらに最新の機器ならではの
type-cによる充電環境が嬉しいですね
このタイプだと急速充電が可能です

このファンは
バッテリー容量が9000mAh
最大使用時間が25時間
 と
相当なバッテリーを積んでいるので
type-cでなければかなりの時間がかかるでしょう

※実際の充電時間は7〜8時間

プロペラ装着にクセあり

いざ使う際には、プロペラパーツをはめるのですが
これがちょっと厄介で、最初は不良品かと思いました…

一般的にねじを締めるときは時計回りに回すものですが、
このプロペラは、それ自体が時計回りに回転するため
着脱のネジを時計回りに設定すると、回転により外れてしまうことがあります

そこで、このプロペラを取り付ける際には
反時計回りに回す必要があります

お気をつけください

実際に使ってみてのレビュー

先日、このファンを冬キャンプで使ってみました
使用環境は以下の通り

使用環境

・使用テント:サバティカル モーニンググローリーTC
・外気温:−8度〜−3度
・使用ストーブ:新保製作所 ROSE

ワンポールに取り付けるには

今回使用したモーニング・グローリーTCはワンポールのテントなので
吊り下げ方も工夫が必要です

そこで、今回はゼインアーツの
COZ HANGER 32 を使用しました

このハンガーはモニグロのセンターポールにちょうど合うサイズなので
モニグロユーザーなら買っておいて損はない商品だと思います


耐荷重は2kgなので
ランタンなどを下げることもできます

カラビナは家で余っていたものと交換しました
LT-230 LT-232 / コズハンガー | ZANEARTS
LT-230 LT-232 / コズハンガーの製品ページ。タープやシェルターのポールに簡単にセットできるランタンハンガー。完全固定式の安全設計。

ポールの径が32mmなので
以下のようなものでも代用可能です

温度はどのように変化したか

ファンを回さずに薪ストーブだけ焚いた状態では15.3度
外気温が氷点下なことを考えると
薪ストーブって本当にすごいですよね

さて、このあとファンを回してみると

その温度、なんと25.7度

確かに、薪を足したりはしましたが その差は10度以上
ファンがあるのと無いのでは、体感温度が全く異なる結果になりました

風量は「弱」でしたが
着ていたフリースも脱ぐくらいの暖かさでした

※執筆時点では、Amazonがかなり安いのでおすすめです

まとめ

さて、それでは今回のまとめです

まとめ

▼MEDIK 充電式吊り下げ扇風機はいままで買わなかったことを後悔する一品でした

▼メリット
 ・吊り下げ式なので効率的に空気の循環ができる
 ・リモコン付属なのですべての操作が手元で完結
 ・9000mAhという大容量で長持ち&高速充電可能
 ・カラーバリエーションが豊富なので自分のキャンプスタイルに合わせられる

▼デメリット
 ・値段がやや高い(4,500円程度)

 ・プロペラの取り付けに一瞬戸惑う
 ・吊り下げに工夫が必要な場合もある
 ・充電を忘れると痛い目にあうかも

また、薪ストーブの背面に反射板を設置することで
輻射熱が発生し、テントの内部をさらに効率的に温めることもできます
こちらも参考にしてみてください


コメント

タイトルとURLをコピーしました