大磯で朝から絶品海鮮丼を食べる【札幌の人気店】

札幌グルメ
きょうのやりとり

海鮮丼は難しい

妹が仕事の用事で北海道に来ました

大体の場合、札幌に知り合いが来ると

  • ラーメン
  • 寿司
  • ジンギスカン
  • 海鮮丼

を要求してきます

これらを食べにわざわざ北海道まで来たんだ
くらいのノリです笑

想像上の母
想像上の母

母も要求したことがあるなぁ

ジンギスカンや寿司に関しては、
仕事柄色々な角度から提案できるのですが

難しいのは海鮮丼なんですよね

寿司なら回転寿司だったり、
その場所やコスパも含めて楽しませられるんですが
(おすすめの回転寿司も今度書きますね)

海鮮丼って見た感じはだいたい一緒なんですよ…
違うとすれば…

ネタの旨さ!

ということで、
地元民が薦める海鮮丼をご紹介します

朝7時半から食べられる超豪華海鮮丼

札幌にはいくつかの市場があるのですが、
大通りやすすきのなどの街中から近くにあるのが
二条市場です。

二条市場

大通りのテレビ塔から目と鼻の先
住所としては「南3条西2丁目」です

南3条なのに、二条市場です

こちらは観光客の人がメインの市場となっており
朝から観光客で賑わっています

その一角、
一際賑わっているのが今回ご紹介する大磯です。

二条市場「大磯」の外観
右の奥にも大磯のお店はあります

観光の方はこの賑わいで期待感が高まりますよね

大磯入り口

開店前にはすでにたくさんのお客さんがいます。
そして開店直後には「40分待ち」の文字が(この日は日曜日でした)

ここで気をつけてほしいのですが、
大磯ではスタッフの方が整理券を配っています

みんな並んで待っていると勘違いをしていると、
出遅れてしまうかも知れません

着いたら必ず、
スタッフの方に整理券をもらってください

ちなみに、
整理券13番位までの人は
1回転目で入ることができます
※グループの人数にもよります

逆に言うと、
14番目付近以降の人は2回転目になるので悲しいです

また、店内は2名がけの席が多いので
3名以上でいくと自分の整理券の番号よりも後ろの2人組の方が
先に入っていくことも多々あります

さて、どちらにしても
お店にすぐ入れることはほぼないので
店先で待つのですが、

待っている間にメニューを決めておくと
入店してすぐに注文できるのでスマートです

メニューはこちらです

大磯メニュー一覧

妹と奥さんは人気No.1の三色丼(うに・いくら・かに) 3880円

ボクは人気No.2のうにいくらサーモン 3300円
にしようと決めました

店内は非常に清潔感があり、
市場感というよりは食堂といったところでしょうか

大磯の店内

注文後は5分と待たずに海鮮丼の到着です

何回食べても、
思わず写真を撮っちゃうんですよね

三色丼(うに・いくら・かに) 3880円(味噌汁付き)
うにいくらサーモン 3300円(味噌汁付き)

どうですか…
恍惚の表情になってしまいますよね…

どのネタを食べても本当に美味しいです

うには、くさみが全く無いので道外から来た人からは
「うにってこんなに美味しかったんだ…」と良く言っています

いくらも塩味が抑えめなので
甘みが際立ってこれがもうめちゃくちゃうまい!

ボクのおすすめは、
このうにといくらの真中を贅沢に頬張ること!
この一回の丼で一回しかできない希少な食べ方です…

うにといくらの真ん中を食べるのだ

ああ、もうたまらん…

うにの濃厚な甘みといくらのコクが相まって…
一口でしばらくだんまりしてしまいます

さて、そして意外なおすすめがサーモン
大磯のサーモンは脂と身のバランスが絶妙!

ねっとりとした身を噛むと
甘い脂がじゅわっとにじみ出て口いっぱいにひろがります

サーモンの脂

サーモンを先に醤油に通して丼に戻す
そのサーモンの脂と旨味が凝縮した醤油を丼にかける!


贅沢ここに極まれり!!

地元民の舌は信用しよう

地元民も愛する海鮮丼!
いかがでしたでしょうか?

もっとリーズナブルでたくさんのネタがのった
大磯丼(1780円)という海鮮丼や
焼き魚や刺し身も食べられるので、
気になる方は要チェックです!

ちなみにですが、
周囲の駐車場はそこそこ高いです

安いところは60分400円ですが
創成川通を北側から来ないと入れないので

ちょっとストレスなんですよね

地下鉄大通駅から行くか、
多少遠くても歩いていくのがおすすめです

コメント

タイトルとURLをコピーしました