【痛い?】Take! チェア ロング徹底レビュー【カスタムアイテム4選も】

北海道アウトドア

こんにちは、
プロキャンパーのユーです

最近買ったスノーピークのチェアが
とんでもなくよかったので
ここで紹介させていただきます

キャンプチェア選びに迷っている方は
ぜひ参考にしてもらえればと思います!

スノーピークのロングチェア「Take! チェア ロング」

今回購入したのは、
高級メーカーとしても有名な
スノーピークのTake!チェアロングです

値段は23,100円…
驚きの高級感です

家で使っている椅子よりも高い…

しかし!
このチェアが本当に素晴らしい!

生まれ変わってもきっと買います
なんなら奥さん用に、もう一脚ほしいくらい

奥さん
奥さん

二脚ないと、私が優先的に使っちゃうからね?

スペックについてもまとめておきます

Take!ロングチェアのスペック(公式HPより)
  • サイズ595×800×950(h)mm(シート高360mm)
  • 重量3.5kg
  • 収納サイズ100×150×1,280mm
  • 特長見て楽しい、美しいフォルム。座ってうれしい、包み込まれる安心感。丈夫な6号帆布は、使い込むほどやさしく身体になじんでいきます。室内で使うお客様も多いですよ。
  • 仕様● 材質:フレーム/竹集成材・アルミニウム合金、金具/ステンレス、シート/綿帆布(6号) 
    ● 収納サイズ:100×150×1,280mm

レビュー

今のところ、
「とにかく良い!」しか書いていない気がするので
何が素晴らしいのか書いていきます

座り心地が最高

特筆すべきはなんと言っても、
その座り心地です

ぶら下げられるように取り付けられた座面は
まるでハンモックのように
体を優しく包み込んでくれます

また、ロングチェアだけあって
背もたれが高いので
頭まですっぽりと預けることができます

※筆者の身長は170cmですが
 180cm弱の後輩も気に入ってました

太ももが痛い?

このチェアの色々なレビューを見ていると

「長く座っていると
座面の太ももの辺りが食い込んで痛い」

という意見が見受けられました

これについては、
確かに販売店でお試しした際には
同じように感じなくもなかったですが

購入してしっかりと使うようになってからは
全くそのように感じません

おそらく、
どっかりと座ることで体重が分散されて
足が痛くならないで済むのだと思われます

現にこの記事も
チェアに座りながら外で執筆していますが
足は全然痛くないです

とはいえ、
これは足の太さなどの体型も関係することだと思います

そこで、チェアが食い込んで痛いという方は
以下の方法で回避することができますよ

痛みの回避方法

・足の位置を高くする
→足を組んだり、オットマンのように足を預けられるものを設置する

シンプルな折りたたみが最高

ボクはこれまでに
ヘリノックスやカーミット(風)チェアなど
様々なチェアを購入してきました

これらのチェアは小さく折りたためて便利なのですが
組み立てがやや面倒でした

一方で、このロングチェアは
体育館のパイプ椅子のようにワンタッチで設営が可能です
※パイプ椅子よりも小さくなります

このワンタッチが非常に便利で
ちょっとテントを空けて出かけたい時などにも
盗難防止のためにもパパッと車にしまうことができます

組み立てGIF

ヘリノックスなどは組み立てが面倒なので
そのままテントに置いておいたことを考えると
精神衛生上めちゃくちゃ良いです!

また、左下に写っているグリーンの紐は
たたんだ状態で椅子を肩にかけることも可能なので
これも嬉しいポイントです

とにかく頑丈な上に永久保証&洗濯も可能

折りたたみの椅子は
接合部分などが壊れやすいことが多いのですが
このチェアはかなりシンプルな構造のため
壊れにくいです

また、名前にもTake!とあるように
素材が竹の集合素材で作られています

この素材が非常に頑丈なので
とにかく安心感が大きいです

座面に関しても
この竹の集合素材に引っ掛けて使っているだけなので
取り外して洗濯することもできます
これもキャンパーにとっては嬉しいポイントです

しかも、
流石のスノーピーク商品です

永久保証もついているので
壊れても修理して一生使うことができます!

ボク
ボク

一生使います!

カスタムアイテム4選

ローチェアクッションプラス

そのままでも十分に快適なロングチェアですが
専用のクッションなども用意されています

ローチェアクッションプラスは
スノーピークの純正品です

名前にはローチェアとありますが
ロングチェアにも正式に対応しています

ちょっと高価なのですが
ロングチェアを買ったばかりのボクはバグっていたので
迷いなく購入!

結果的に、これも最高の選択でした!

クッションの裏には
椅子に固定するための紐が取り付けられています

斜めにはしっている紐は
ロングチェアの上部に取り付けるのに使います

クッションはアースカラーで
色合いもチェアに合います

また、クッション自体も
フッカフカで頭をしっかりと包み込んでくれます

正直、
寝ろと言われたらすぐにでも寝ることができます

また、使ってみた感想としては

ロングチェアにはヘッドレストよりも
腰の辺りに取り付けるのがおすすめです

ただでさえハンモックのような座り心地ですが
腰の辺りにクッションを置くことで

もはや雲です!
これがあるのとないのでは大違いです!


ロングチェアをお持ちの方は
ぜひクッションも検討してみては?

grn outdoor / TEBURA BAG WANCAN

チェアでより心地よく過ごすために
サイドストレージは重要です

近くにテーブルがなくても
飲み物やスマホ、ティッシュなどの小物が手元にあると
立ち上がる回数が減って快適です

色々と探してみた結果
一番良かったのがこのTEBURA BAG WANCANです

このアイテムは、普段はサコッシュのように使うのですが
サイドストレージとしても使うことができます

そして、何より最大の特徴は
缶の保冷ポケットが3つもついていることです

これにより、
チェアに包まれながらキンキンのビールをかますことができます

保冷剤を入れるポケットもついています

設置方法については写真で説明します

まずは、アームレストにカラビナを取り付けられるような
ワイヤーリングを取り付けます

続いて、
サコッシュのカラビナを取り付けます

両サイドに取り付ければ完成です

これで缶ビールはもちろん、
様々な小物を収納できるようになります

背面にもポケットがあるので
本当にたくさんのものが収納できます

また、当然ですが
サコッシュなので
そのまま取り外して肩からかけることもできます

これ、めっちゃおすすめです!

スノーピーク×ペンドルトン ブランケット

さらに快適に過ごすためのアイテムとして
ペンドルトンとスノーピークのブランケットも
おしゃれでおすすめです!


夏から秋にかけてなら
すっぽりと腰掛けつつブランケットに包まれて
ぐっすりと眠ることもできちゃいます!

保護キャップ

最後に、
これは必要かわかりませんが
足を保護するキャップもおすすめです

家でも外でも使いたいという方は
キャップの付け外しをするだけで
掃除をせずに済みます

※キャップは17mm〜26mmがフィットします

ちょっとなぁ…なポイント

ここまでベタ褒めしてきたこのチェアですが
あえていうならこの点がちょっと…

というデメリットについてまとめてみます

ロングだけあってデカい!

体をすっぽりと包み込むためなので
ある程度は仕方ないのですが

たたんでもデカいです!

したがって自転車でのキャンプなどには不向きですね

ボクは普段軽自動車を使っていますが
ロングチェアの存在感は結構ありますね

それでも、絶対に毎回詰んでいます
それだけ重宝するチェアなのは確かですよ!

値段が高い!

やっぱりこれはありますよね…

シンプルに高い!です

とはいえ、
先ほども書いたように
永久保証ですからね

長く使わせていただくための出費として
ありがたく支払わせていただきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました