toi印食店サバのケララ風ドライカレーのレシピ

スパイスカレー

こんにちは、
スパイス香辛料ソムリエのボクです

1番簡単なスパイスカレーの記事でカレーを学んだ母が
自分なりにアレンジして新たにカレーを作ったそうです

カレーの種を保存しておいて、
そこからサバカレーを作ったそうです

ボク
ボク

いいね!美味しそうだね!

想像上の母
想像上の母

ふふふ、そうでしょう!

カレーの種があれば、好きな具材で美味しくカレーが作れるのですが

せっかくなので、
今度はもっとサバを美味しく食べられる南インド風のカレーをお伝えしたいと思います

想像上の母
想像上の母

ありがとう!しっかり勉強させてもらいます!

今回紹介するレシピについて

出典:Amazon

今回紹介する
toi印食店のサバのケララ風ドライカレー
関西のスパイスカレーの作り方2という書籍に載っているレシピを
一部自分流にアレンジしたものになります

本家の正確なレシピが知りたい方は本を読んでみてください

ケララカレーとは

さて、さっそく作り方を紹介したいのですが
せっかくなので前提の知識を入れておきましょう

ケララというのはインド南部の都市の名前です

出典:Googlemap

地図の下の端に「ケーララ」とあるのがわかりますね

見てわかるようにケララは海にほど近いため材料に魚を使うことが多いのが特徴です

また、日本人がイメージするバターチキンカレーなどのこってりとしたインドカレーは
北の方で作られることが多く「北インドカレー」と呼ばれるのに対し

ケララを代表とする南インドでは、どちらかというとサラサラとしたカレーが多く
野菜をふんだんに使う文化があります


また、画像の食事はミールスと呼ばれ
南インド特有のベジ(野菜)料理を中心とした定食のことを指します

photo by keiji okazaki

サバのケララ風ドライカレーのレシピ

ここからはレシピの説明になりますが、
上記の通り、正式なものと少し違っています

主な点としては、以下の通り
・パプリカを使用していない
・パクチーや青唐辛子を使用していない


パクチーは奥さんが嫌いなのでね…

想像上の妻
想像上の妻

パクチーなくても美味しかったからいいじゃん!

材料と下ごしらえ

豆知識を偉そうに披露しましたが、
今回作るケララカレーはサバをダイレクトに楽しみたかったので
本来入れるべきパプリカを入れていません

材料

ということで、今回の材料です

材料

・サバ缶 2缶(身と汁を分けておく)
・玉ねぎ 半分(スライスを半分にカット)
・にんにく 3かけ(みじん切り)
・しょうが 1かけ(みじん切り)
・ココナッツファイン 大さじ3
・塩 (最後の調整用)
・レモン汁 1/2個分
・油 大さじ5

☆ホールスパイス
・ブラックペッパー 5粒(①)
・赤唐辛子 2本(①)
・クミン 小さじ1/2(②)
・ブラウンマスタード 小さじ1(②)
・フェンネル 小さじ1/2(②)
・カレーリーフ 10枚(③)

☆パウダースパイス
・コリアンダー 大さじ1(サバと混ぜ合わせておく)
・ターメリック 小さじ1/3(サバと混ぜ合わせておく)
・カイエンペッパー 小さじ1/2(サバと混ぜ合わせておく)
・ガラムマサラ 小さじ1


※記事の最後にスパイスのまとめがあるので参考にしてみてください

下ごしらえとしては、各種材料のカットに加え
あらかじめサバにパウダースパイスを混ぜておきます(ガラムマサラ以外)

油を熱しブラックペッパーと赤唐辛子を投入

熱した油にブラックペッパーと赤唐辛子を投入し
フツフツとしてくるまで待ちます

ホールスパイス②を加える

②を加えて香りが立ち、色がついてきたら次のステップに進みます
※ブラウンマスタードはとても跳ねるのでフタなどでガードしましょう

玉ねぎを加え、透き通るまで炒める

重要なのは強火でしっかりと炒めることです
だいたい3分程度で玉ねぎがしんなりとして透き通ってきます

写真のようになってきたら次のステップに進みます

にんにく、しょうがを入れ香りが出たらココナッツファインを加える

にんにくとしょうがは、投入してしばらくは青臭さが立ちますが
炒めていると段々と香ばしくなってきます

この香りが立ってきたらココナッツファインを入れましょう

だんだんココナッツの甘い香りが立ってきます

写真のように玉ねぎのふちが茶色くなってきたら次のステップに進みます

カレーリーフを加えて混ぜ、サバ缶の汁を投入する

カレーリーフを加えて馴染んできたら
サバの身と分けておいた汁のみを投入します
(カレーリーフはできれば生のものがおすすめです)

途端にサバの香りが立ってきます
強火のままある程度水分が抜けるまで煮詰めます(2〜3分程度)

煮詰めるにつれて茶色っぽく色がついてくるので
写真くらいの色合いになってきたら次のステップに進みます

サバを加えて混ぜ、ふたをして3分程度中火で煮込む

下ごしらえをしていたサバを投入しさっくりと混ぜ合わせます

サバにからめていたスパイスに火が通りいい香りがしてきます
そのままふたをして火加減を落とし、
3分程度中火で煮込みます

仕上げのガラムマサラを投入する

スパイスは火を通すと香りが飛んでしまうため
ここでガラムマサラを投入し、いい香りを復活させます

ボク
ボク

ちなみに、ガラムマサラとは
「ガラム=辛い」「マサラ=スパイス」のことで
様々なスパイスが混ざっている調合スパイスのことです

最後に味の調整のため塩を入れます
サバ缶によっては割と味がしっかりと付いているので
塩を入れなくても大丈夫です

完成

好きな器に盛り付けて完成です

パクチーを加えると鮮やかなだけでなく
フレッシュで美味しくなりますよ

想像上の妻
想像上の妻

わたしはいらないから!

感想

サバというとキーマカレーにすることが多いのですが
あえてそのままゴロっと残すことで
「魚のスパイスカレー」を強く感じることができるのでおすすめです

サバを使っていることもあり、ご飯との相性は抜群です
汁気が少ないこともあり、お弁当にもぴったりですよ

ただ、弁当箱を開けた瞬間からスパイスが漂ってくるので
目立ちたくない人はお気を付けください…

アレンジはホットサンドがおすすめ

ご飯と食べても美味しいサバのケララ風ドライカレーですが、
実はパンとの相性もいいんです

マヨネーズを塗った食パンにカレーをたっぷり入れて
ホットサンドメーカーで焼いてみてください

画像のホットサンドメーカーは4w1hというメーカーの
ホットサンドメーカーソロという商品です
食パン1枚でホットサンドを作ることができるのでおすすめです

サクッとしたパンをかじると、
芳醇なスパイスの香りがふわーっと立ちこめ
幸せいっぱいになること間違いなし

ボク
ボク

美味しすぎて朝から食パン7枚も食べちゃったよ

想像上の妻
想像上の妻

サバ読むのやめい!

使用したスパイスまとめ

今回使用したスパイスは、スーパーでは手に入りにくいものもあるので
通販などで買うのもひとつの手ですよ
スパイスは基本的に保存期限がかなり長いので、
たまにでも使う可能性がある方ならこれを機にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました