【レビュー&代替品紹介】キャンプの犬用コットはスノーピークがおすすめ【ドッグコットに慣れさせる方法】

こざかなクン(犬)

こんにちは、
プロキャンパーのユーです

ペット、特にワンちゃんを飼っているみなさんは
キャンプ中に彼らが落ち着ける場所を用意していますでしょうか?

うちのこざかなクン(ダックス4歳♂)は
家の中でも、キャンプ場でも
スノーピークのコットを使っています

今回は、おすすめの理由と
犬をドッグコットに慣れさせる方法についてご紹介します

室内犬は外にいるだけでも疲れてしまう

うちのこざかなクンは、外がとにかく好きです
キャンプは特に大好きで

家の中でも「キャンプ」と口に出すだけで大騒ぎです

こざかなクン

そんなこざかなクンでも、
普段は30分のさんぽをするだけで、
家に帰った途端にバッタリと寝てしまいます

外にいるということは、
それだけ体力を使うことなのだと痛感します


ということは、
これが24時間ほぼ外とも言えるキャンプだったら
あっという間にヘトヘトになってしまいますよね

そんなときに大事なのが
ワンちゃんが落ち着いてゆっくりとできる「自分だけの場所」なのです


ドッグコットは、
そんな「自分だけの場所」に最適なアイテムです

ドッグコット / snowpeak について

そもそも「コット」というのは、
屋外などで使用する簡易的な折りたたみベッドのことです

人間用のコット(ヘリノックス コットワンコンバーチブル)

このコットを犬用に改良したのが
スノーピークのドッグコットです

ドッグコット

どんな風に使うかというと、
下の写真のようにただ乗ってもらうだけです

ちなみに、
スノーピークの人間コットこと
Take!チェア ロングもとんでもなく快適なので
おすすめです!

それでは、
このドッグコットについて説明していきます

レビュー

スノーピークのドッグコットについて
基本の仕様は以下のとおりです

ドッグコットの仕様

サイズ:650×650×300(h)mm
重量:2.3kg
収納サイズ:140×140×800(h)mm
セット内容:本体、収納ケース、黒色テープ

耐荷重:20kg

このドッグコットは、
折りたたんで収納されています

この袋には肩掛けひもがついているので
肩にかけて持ち運ぶこともできます

使うときには袋から取り出します

布部分をまとめるゴムバンドが付属していますが、使わないので外しています

この本体を開いたら準備は完了です

袋から取り出す時間を加味しても5秒で完了します

展開GIF

また、本体は骨組みと布からなっているので
布を取り外して丸洗いすることができるのが嬉しいポイントです

反対に骨組みに取り付けるときは
布側に下の写真のようなひもがついているので
骨組みに結びつけることで外れてしまうのを防止できます

このひもは四隅に取り付けられているので
使う際には、それぞれを結びつけておきましょう

また、本体の耐荷重は20kgとなっていますが
実際のところもう少し重くてものせられそうです

奥さん
奥さん

じつは、間違って座っちゃったことがあります…

※メーカーの注意はちゃんと守りましょう

さらにスノーピークの商品ということもあって
布にはしっかりとブランドのタグが付いています

使用方法については以上です

犬をコットに慣れさせるためには

コット自体は簡単に組み立てられて良い商品ですが
肝心なのは自宅の犬が使ってくれるかです


うちでは、キャンプで初めて使ったのですが
なかなか思うように使ってはくれませんでした

この理由は
「自分の場所」という認識がなかったからです


そこで、キャンプ以外のときでも、
普段から家においておくことにしました


まずは、ボクたちが座る椅子の横に設置し
コットに乗ってきたときにはたまにおやつをあげていました

高さが30cmということもあり
家では椅子やソファーの高さ、
キャンプではローチェアの高さにピッタリです


また、デザインもシンプルなので
部屋にも違和感なく溶け込んでくれるのも嬉しいポイントです

他にも、料理中などそばにいられないときには
キッチンにコットを設置してみたりもしました

料理を興味深げに見ていました
お風呂に入っているときも脱衣場に置いていました

すると、次第に馴染んできたのか
留守番のときや、眠たいときなどには
自分からドッグコットでくつろぐようになりました

それからというもの

キャンプ場でも、
広げた瞬間に乗ってくるようになりましたし

気づいたらコットの上で寝ている、
なんてことも多々あります

多少荷物が置いてあってもお構いなしです笑

こうして、こざかなクンは家の中でも屋外でも
「自分の居場所」ができたのでした

大きめのワンちゃんには

ちなみに、このスノーピークのドッグコットには
オプションパーツもあります


それが専用のクッションです
もともと、このコットは割と沈み込みが深いので
ある程度大きいワンちゃんには窮屈かもしれません

そんなときにはこのクッションを一緒に使ってあげることで
落ちついて過ごしやすくなります

出典:スノーピークHP

代替品について

スノーピークのドッグコットについておすすめしてきましたが
やはりスノーピークの商品ということもあって、
割と値段が高価です…

そこで、スノーピークのドッグコットに
比較的似ている商品についてもいくつかご紹介します

クイックキャンプ

キルト素材が柔らかく気持ち良いドッグコットです

値段はスノーピークの1/3程度なのにも関わらず
耐荷重は25kgと、スノーピークよりも頑丈です


また、高さは20cmとなっており
スノーピークのものよりは低い設計です
※スノーピークは30cm

大型犬用のものもあるので
ワンちゃんの大きさによっても選べるのが嬉しいですね

アズーリプロデュース

こちらはクイックキャンプのものよりもさらに安価で
耐荷重は25kgとなっています


また、高さは20cmとなっており
スノーピークのものよりは低い設計です

家でもキャンプでもドッグコットを導入して
素敵な愛犬ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました