無印良品の豆から挽けるコーヒーメーカーの「置き場所に困る問題」を100均で解決してみた

DIY

この記事では、無印の豆から挽けるコーヒーメーカーの「置き場所に困る問題」を
100均で売っているアイテムで解決します。


結論からいうと
30cmの隙間があれば

無印の豆から挽けるコーヒーメーカーの設置は十分可能です!

無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー

はじめに

ボクは無印良品の豆から挽けるコーヒーメーカーを発売日から愛用しています。
朝、コーヒーの香りで目が覚めるという超絶おしゃれな道具で
(実際はコーヒーの香りの前に、豆を挽くけたたましいゴリゴリ音で目が覚めるんですけどね)
コーヒー好きのボクには手放せないアイテムになっています。
しかし、ずっとイヤだなあと思っている問題がありました。それは

水のタンクとフィルターユニットが反対側に開くせいで余計に場所をとる
ということです。

今回はこの問題を100円で解決します

30cm程度の幅があれば設置可能

翼を広げたコーヒーメーカーの幅は42cm

さて、今回の問題
どういうことかと言うと、
持っている人ならわかると思いますが

一見細いくせに、大胆に翼を広げるのです

さて、この広げられた両翼の幅を測ってみました

メジャーをセット

水のタンクは手が入る幅を考えると少し余裕を見る必要があります
両翼のサイズは何cmだったのかというと

少なく見積もって42cm

それはズバリ42cmです。
実際には、水のタンクを取り出すために手の幅も必要になるので
仮に設置スペースが50cmあったとしても
水タンクはぎりぎり取り出せる程度です。
本体幅を考えると、両側におよそ12cm程度の余裕が必要になるのです。

やはり部屋を無印良品で揃えるような人は余計なものなんて置かないから
これくらいの幅は設けられるということなんでしょうか?

うちにはそんなスペースなどない

コーヒーメーカーを起きたい場所

どうですか、この家庭的で生活感のある空間
冷蔵庫とメタルラックの隙間
この隙間にコーヒーメーカーを置きたいのです!
せめて翼が片側にしか開かないなら行けるんですよこの幅で!(怒り)

家庭的なスペース

さて、この生活感に溢れたスペースを測ってみると
その幅は実に35cm
コーヒーメーカーはその翼を広げることなど到底できない幅です。

この問題は100円で解決できる

さて翼の折れたコーヒーメーカーを救うのに必要なグッズはズバリこれです

回転盤

100円ショップや通販で手に入るこの回転板こそが今回の主役です

この回転盤を以下のように設置します

回転盤設置

そして、回転盤の真ん中に
コーヒーメーカーの中心よりやや後方を乗せます

結果発表

回転盤にコーヒーメーカーを乗せることによって何が起こるか、それは

正面を少し右に回すと…
上から見ると

写真のように本体を右に回すとフィルターユニットが全開まで開きます
さらに、

コーヒーメーカーの正面を左に回すと
上から見ると

本体の正面を左に回すと、
水のタンクが正面にくるのでそのままスポッと取り出すことができます。

どうでしょうか?
これで家庭的で生活感のある幅35cmでも交互にしっかりと翼を広げることができました。

どの程度の幅までなら置ける?

実際には、
水タンクを出すためにコーヒーメーカー本体が真横を向くことが条件となるので

コーヒーメーカーの奥行きは27cm程度

写真を参考にすると、
少しの余裕をもって30cmもあれば十分設置は可能ということになります。
ボクの家よりももっと家庭的で生活感があっても大丈夫ですね!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

この置き場所に困る問題は、
無印良品の公式商品ページにもたくさんの批判コメントがついています。

せっかく商品が良いだけにこのスペース問題でレビューが荒れるのは残念です。

しかし、見てもらったように100均の回転盤で解決するので
ぜひ皆さんお試しください。

置き場所に困らなくなったいま、
無印の豆から挽けるコーヒーメーカーはおすすめの逸品です。

よりストレスがないのはAmazonの回転盤

100均の回転盤で解決できるとお伝えしましたが、
これは個体によってなのか、回転のスムーズさがイマイチな場合もあるんです。
これが意外にストレスになることも…

試しにAmazonで買った回転盤を使ってみたところスイスイくるくる…
とんでもなくスムーズに回転するので、
100均に行くのが面倒、もしくはここまでやるならよりストレスが無いほうがいい
という方はぜひこちらを試してみるといいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました